toggle
患者さまの要望をお聞きし、治療方法を十分説明したうえで、実際に治療いたします。また、最新の医療技術をつかって、安全で痛みの少ない治療をこころがけています。
2012-07-15

50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 レビュ-その4

南雲吉則先生のベストセラー 50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 のBOOKレビューそ4のです。

 

今回は食事についてです。

 


飽食の時代である現代において、

食事に求められるのは、質でも量でもなく「バランス」である。

そのためには、「完全栄養=丸ごと食べる」が重要です。

 

 

「完全栄養を摂る」とは

○魚は骨ごと、腹ごと、頭ごと

○穀物は全粒で(白米が好きな人はぬかづけを一緒に)

○野菜は葉ごと、皮ごと、根っこごと

 

野菜や果物の皮には

○防菌・防虫効果

○創傷治癒効果

○抗酸化作用

があり

○ニキビ・吹き出物

○風邪・インフルエンザ

○肌荒れ

○胃腸トラブル・喉の荒れ

○しみ・しわ

について改善効果があります。

 

南雲先生は、リンゴの皮はもちろん、ミカンの皮も剥かずに食べているそうです。

 

 

 

腹六分が健康長寿の秘訣

 

人類の歴史は飢餓の歴史でもあったので、

人が断続的な飢餓の状態の置かれると、なんとか生き延びようとするために

「延命遺伝子」が働きます。

その結果、傷ついたDNAを修復し、寿命を延ばしてくれるのです。

 

 

腹六分を実践するには

 

「一汁一菜ダイエット」をお勧めします。

「一汁一菜ダイエット」とは毎日使っている食器を子ども用のサイズに変える。

そしておかずを盛り付ける皿は、

コーヒーカップを載せるソーサーくらいの大きさのものにします。

ご飯とみそ汁、そしておかず一品で、「一汁一菜」。

この組み合わせで食器のサイズさえ子ども用サイズであれば、

肉でも揚げものでも何を食べてもかまいません。

 

ただし、おかわりと間食をしないこと。これだけは必ず守るようにしてください。

 

さらに南雲先生は朝はクリニックに向かう時間が早く、

昼は食べると眠くなってしまうため、

しっかり食事をとるのは夕食だけ、つまり「一日一食」が基本パターンだそうです。

 

 

 

寿命が十四年延びる四つの習慣

 

○毎日三〇分程度の適度な運動をする

○野菜と果物をこぶし五つ分(約三〇〇グラム)摂る

○飲酒を適度に抑える

○喫煙をしない

 

 

 

最後に南雲流アンチエイジングの強い味方である「ゴボウ茶」について

 

ゴボウの皮に含まれている「サポニン」とよばれるポリフェノールの一種や

「イヌリン」と呼ばれる糖の一種が

コレステロールを分解し、むくみを改善してくれます。

 

ゴボウ茶の作り方

 

1 よく水洗いをして泥を落とし、皮つきのまま包丁でささがきにする

2 ささがきにしたゴボウを水にさらさず、

  新聞紙の上に広げて半日ほど(夏なら二、三時間)天日干しにする

3 天日干ししたゴボウをフライパンで10分ほど、油を使わずからいりする

4 煙が出てくる寸前でやめ、そのまま急須に入れ、お湯を注げば出来上がり!

 

二人分の急須を使う場合、からいりしたゴボウを一つまみ程度加えるだけで十分です。

関連記事