toggle
患者さまの要望をお聞きし、治療方法を十分説明したうえで、実際に治療いたします。また、最新の医療技術をつかって、安全で痛みの少ない治療をこころがけています。
2012-12-27

歯周病とメタボリックシンドロームの関係

近年生活習慣病が急増しています。

特に問題視されるようになったのはメタボリックシンドロームです。

内臓に脂肪がたまり、肥満、高血糖、高血圧などの危険因子が重なった状態を言います。

また、動脈硬化の発症・進行を相乗的に進め、

脳卒中、心筋梗塞、糖尿病などの生命に関わる病気の発症の確率が一段と高くなります。

 

生活習慣病にはたくさんの種類があり、

ひとつの病気を持っていると他の病気も併発しやすいのが特徴です。

病気がかなり進行しないと自覚症状も出てきません。

 

歯を支える骨を溶かす歯周病も生活習慣病のひとつです。

歯のまわりにつくプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌のかたまりが原因で起こり、

歯ぐきでとどまっているのが歯肉炎、歯の根のセメント質や歯の根が埋まり、

歯を支えている顎の骨まで広がったものを歯周炎と言います。

放置したままにすると顎の骨が溶けてしまい歯がグラグラして最終的には抜けてしまうこともあります。

なんと中高年の8割に発症すると言われており、

成人では歯を失う最大の原因となっています。

歯周病は患者数がもっとも多い生活習慣病であると言えるでしょう。

このメタボリックシンドロームと歯周病。

一見なんの関係もなさそうですよね?

ですが、国内外の様々の疫学的調査により両者には深い関係があることが分かってきました。

特に関係が深いのが糖尿病です。

糖尿病になると唾液の分泌量が減って歯周病菌が増殖したり、

免疫機能・組織修復力が低下し、歯周病が発症・進行しやすくなります。

一方で歯周病が進むと大量のTNF-αが分泌され、

インスリンの働きを悪化させ糖尿病の発症・進行を助長する恐れがあります。

近年、糖尿病患者に対し歯周病の治療・管理を行うことにより、

血糖コントロールが改善されたという報告もされています。

 

両方に共通する危険因子は肥満と糖尿です。

肥満と糖尿病の両方がある人は歯周病にもメタボリックシンドロームにもなりやすいということです。

歯周病とメタボリックシンドロームは同時に進行していき、

そのため動脈硬化の進行が加速し、心筋梗塞や腎臓病などで死亡する確率が高まります。

 

歯周病はあまり自覚症状のないまま進行し、気付いた時には重度の歯周病になっていることが多いですので、自宅での日頃のケアと定期的に歯科医院にて検診を受けるようにしましょう。

歯周病の予防はメタボリックシンドロームの予防へとつながります。

規則正しい生活、栄養バランスのとれた食事をとるよう心がけましょう。

関連記事